誤字脱字を防ぐ

文章が長くなる前に変換する

長い文章を一度に変換しようとすると、漢字が間違っていたりおかしなところで区切られてしまったりすることがありますよね。このような変換ミスは文章が長ければ長いほど起こりやすくなります。それだけではなく、文章が長いと一文字の誤変換といった小さなミスには気づきにくくなってしまいます。このような変換ミスを防止するには、文章が長くなってしまう前に変換するのが一番です。短い文章であれば、誤字脱字にも気づきやすくなりますからね。また、変換した文章をその都度チェックするということも重要です。誤字脱字に気づくことができない理由の一つには、入力した文字をしっかり確認していないということが挙げられるからです。短い文章を変換したあとにすぐチェックすれば、些細なミスでもしっかり防ぐことができるでしょう。

最後には必ず全文を見直す

最後に見直すのは当たり前だと思うかもしれませんが、急いでいるときや時間がないときはザッと流し読みするだけになってしまうということもあるのではないでしょうか。しかし、入力しているときに気づけなかった誤字脱字を、最後に読み直しているときに見つけることができたというのはよくあることです。そのため、最後に確認することはとても重要なのです。また、そのときさらに誤字脱字を見つけやすくするポイントは、声に出して読むということです。音読するのは面倒だと感じる人もいるでしょう。ところが、声に出して読むことで誤字脱字に気づきやすくなります。全文を書き上げた後に声に出して確認すると、確実に誤字脱字を防ぐことができるはずです。

メール配信のサービスは分析をしてくれます。効果やアンケートの集計などがあり、次の戦略を立てる情報源になるのです。